FREE SLIDE

タイラバでは主流の遊動式ルアー 豊富なパーツでカスタマイズできる「フリースライド」

タイラバで釣れない時は、ネクタイの‟厚み“にも注目しよう!
高いアピール力とトラブルが少ない【極厚】ネクタイで、
攻略の幅がグッと広がる!

目次

ネクタイの「厚み」って重要?

ネクタイの「厚み」って重要?

タイラバの最も重要なパーツのひとつである‟ネクタイ“。
今まで、ネクタイの形状やカラーは気にしてきたかと思いますが、ネクタイの‟厚み“を気にする方は意外と少ないのではないでしょうか?

ネクタイの厚みの比較

実は、このネクタイの厚みによってアクションや使い勝手がかなり変わってきます。
では、一般的なタイラバネクタイと比べて、極厚ネクタイには一体どんなメリットが存在するのでしょうか?

「極厚」が生む力強い波動とアピール力

「極厚」が生む力強い波動とアピール力

ネクタイの生地が厚ければ、視覚効果でアピール力が増すばかりでなく、周囲の水をかき回す力が増加します。
結果、従来のネクタイと比べて、より広範囲の真鯛に対してアピールすることが可能です。

参考までに水中でのアクションを見比べてみましょう。

水中でのアクションの違い

【上:極厚ネクタイ 下:一般的な厚さのネクタイ】

(ネクタイの幅も少し違うため、やや極端に違いが出ていますが、、、)
同じカーリータイプのネクタイでも、ここまでアクションに差が出てきます。
一般的な厚さのネクタイがたなびく様なアクションなら、極厚ネクタイははためく様なアクションになります。

ベイト(エサ)が多い時と濁り潮の時の違い

ベイトの数が多い時や、濁りが強いエリアなど、ルアーの存在を強くアピールしたい時に効力を発揮します。
また、状況を探るためのパイロットネクタイとしてはもちろん、活性が高いシチュエーションでも活躍します。

もちろんシチュエーションによっては「ナチュラル系」のネクタイが効く場合も存在します。

おすすめ記事

フック絡みなどのトラブル軽減も

フック絡み

タイラバをやっていると、どうしても起こってしまう「フック絡み」。
カラーやリトリーブスピードなど試行錯誤していても、フックとネクタイが絡まっていると真鯛はいつまで経っても釣れません。
しかし、ネクタイが厚ければ、それだけネクタイ全体に張りが増すため、このフック絡みも少なくなるのです。

フックが絡みついた時の動き

映像でも分かるように、仮にフックが絡みついてもネクタイに張りがあるため、ネクタイの動きに合わせて自然とほどけやすくなります。

水深の深いエリアやドテラ流しの時などでもトラブルレス

チャンスを無駄にできない時合いのタイミングや回収に時間がかかってしまう水深の深いエリア、200m以上ラインを放出させるドテラ流しの時などトラブルレスという要素はかなり重要になってきます。

手元に伝わる情報量の多さ

リールを巻いている写真

ネクタイが分厚くなると、巻き抵抗も強くなり、ネクタイがしっかり動いていることを感じ取ることができます。そのため「誘っている感」が大きく、釣果への期待感を持って釣りを続けることができます。

初心者でも分かりやすい

タイラバで誘う感覚や潮の効き具合など、手元に来る情報が多い分、初心者の方でも「分かりやすいネクタイ」として使うことができるでしょう。

高い耐久性

ネクタイの生地が厚くなれば、もちろん耐久性も上がります。少しかじられた程度では破れにくく、使いまわしもきくため、ネクタイ交換の時間を短縮できます。

ネクタイの「厚さ」にこだわろう!

タイラバネクタイによる釣果

ネクタイの形状やカラーによって釣果が左右されるのはもちろんですが、厚みのあるネクタイを使用することにより、アピール力が増すだけでなく、トラブル軽減や高い耐久性といった、さまざまなメリットが生まれます。
これからはネクタイの‟厚み“にも着目し、よりタイラバの世界を広げてみてはいかがでしょうか?